英語の幼児教育の必要性って?必要な理由と本当に身に付けるためのポイント

英語の幼児教育の必要性って?必要な理由と本当に身に付けるためのポイント 英語の幼児教育の必要性って?必要な理由と本当に身に付けるためのポイント

グローバル化が進むなか、将来の選択肢を広げられる英語の習得は重要です。そのため子どもに、英語に触れる機会をできる限り与えてあげたいと考えるご家族も多いことでしょう。しかし年齢の小さいうちから英語を学ばせることは、本当に必要なのか悩む方もいますよね。そこでこの記事では、英語の幼児教育の必要性や英語教育を受ける際のポイントなどについて解説します。

1.幼児期から英語を学ぶことが必要な理由

英語を大人になってから学ぶ人もいるなか、あえて年齢の小さいうちから英語を学ぶ理由は何なのでしょうか。ここでは、幼児期から英語を学ぶことが必要とされる4つの理由について解説します。

1-1.言語習得は9歳までが肝心だから

言語習得は9歳までが肝心だから 言語習得は9歳までが肝心だから

学習はコツコツとした努力の積み重ねが大切です。しかし少しでも、効率的に習得できるのであればそれに越したことはありません。言語習得は年齢が低いうちから取り組んだほうが効率的です。特に9歳までの子どもは臨界期にあたるため、言語学習に適した時期といわれています。臨界期とは脳に刺激を受けたときに、その効果が最大限に現れるとされている時期です。臨界期にあたる子どもは、新しいことを吸収する力が強く、良い刺激を受ければそれをしっかりと吸収できます。また感受性が高く好奇心旺盛で、言語のみならずその背景にある文化のことまで偏見なく素直に受け入れようとする点も、言語学習では大きなメリットです。このようなことから英語は9歳までに取り組むことが、高い学習効果に期待ができる絶好のタイミングと考えられています。

1-2.英語を使いこなせるのが早くなるから

英語を使いこなせるのが早くなるから 英語を使いこなせるのが早くなるから

個人差はあるものの、一般的には、英語を習得するために必要な時間は約2000~3000時間といわれています。しかし日本の学校教育で費やす英語学習の時間は、小学校から大学までの授業時間をすべて合わせても1000時間にすら満たさないことが通常です。必要な英語学習の時間を補うには、学校で受ける授業とは別に英語と触れる時間を確保しなければなりません。
ただし子どもは中学校、高校と成長するにつれ、部活や習い事、アルバイトなどで忙しくなり、英語に多くの時間を費やせなくなるのが現実です。年齢を増すごとに英語の学習時間を取ることが難しくなるのであれば、年齢の小さいうちに学習時間を確保することが必要となります。たとえば中高生や大人になってから忙しい時間の合間をぬって週に1回の学習をするよりも、時間の確保がしやすい幼児期のうちに週3回の学習をしたほうが効率的です。習得スピードが上がり、英語の習得に必要な期間を短縮できます。

1-3.小学3年生から英語が必修化するから

小学3年生から英語が必修化するから 小学3年生から英語が必修化するから

新しい小学校学習指導要領が、2020年度から全面的に実施されています。実施に伴い、3年生から英語教育がスタートし、5~6年生は教科として週に2コマ程度の英語授業が導入されたため、小学校で英語に触れる時間はおよそ3倍に増えました。また英語教育の重要性が問われるなか、小学校での英語教育は今後さらに強化されることが予想されています。
多くの親にとって小学校に入学した後に、子どもが英語学習で出遅れを取らないかは不安要素のひとつです。実際には小学校入学時レベルの英語力の差であれば、後から取りもどすこともできます。しかしスタートラインでほかの子と差があったばかりに苦手意識を持ち、英語嫌いになってしまう子がいるのも現実です。子どもがスタートラインで出遅れないためにも、苦手意識をもって英語嫌いにならないようにするためにも、幼児期から先取りして英語に慣れ親しんでおくことは重要です。

1-4.多様性への理解力などこれからの社会に必要な力を育めるから

多様性への理解力などこれからの社会に必要な力を育めるから 多様性への理解力などこれからの社会に必要な力を育めるから

人は成長するにつれ、さまざまなことについて意識を持って考えるようになります。しかしそのようななかでも、無意識で行っている言動や根本的な考え方は大人になっても残ることがほとんどです。たとえば、ほかの人に対する偏見や差別などがその一例です。このような潜在的な感覚は、自分自身でも気付かないうちに身に付けているケースが多く、そもそも幼少期の環境や経験などが大きく影響するとされています。潜在的な感覚は大人になっても残るため、それを左右する幼少期の教育は非常に重要です。
英語は英語圏の人々とコミュニケーションを取る際に役立つものです。しかし英語学習の目的は、コミュニケーションを取るための手法を学ぶことだけではありません。英語の背景にある歴史や文化を知り学習し、理解する機会にもなります。英語学習を通して他国の歴史や異文化への理解を深めることで、特定の価値観や考えにとらわれずに偏見や差別もなく多様なことを寛容に受け入れられる力を養うこともできるのです。さらに幼少期に異文化と触れ合う経験を持つことができれば、単一的な文化環境で育った子どもより視野が広がり、アイデンティティの構築にもよい影響を与えます。

2.早期の英語教育のデメリット?「ゼロリンガル」「セミリンガル」になってしまう?

早期の英語教育のデメリット? 早期の英語教育のデメリット?

メリットの多い英語の早期教育ですが、「ゼロリンガル」や「セミリンガル」になるリスクがあるという意見もあり、心配される方もいます。「ゼロリンガル」や「セミリンガル」とは、小さいころに複数の言語を学習することによって、すべての言語の習得が中途半端になってしまった人を表す言葉です。幼少期は言語の習得能力が高いため、2つの言語を一緒に学んでもある程度の期間で日常会話を話せるようになります。しかし母国語も十分に習得できていないうちに別の言語も学ぼうとすると、言語習得の基盤となる論理的思考が養われず、抽象的な内容に対する理解力や伝達力が不足してしまうという意見です。2つの言語を同時に学ぶことで子どもが混乱を招き、一定のレベルにいくと英語も日本語も伸び悩む恐れがあるという考えもあります。
ただし実際には、人の脳のキャパシティは想像する以上に広いものです。2つの言語を同時に覚えたからといって脳がパンクしてしまうことも、新しく覚えた分だけ過去の大事な記憶が抜け出てしまうようなことも通常ありません。脳内では不要なものと必要なものをきちんと選別し、記憶がいっぱいになったら必要のないものを適宜捨てていきます。そのため脳が大事な記憶であると判断するために、日本語とほかの言語をバランスよく使い続けることが大事です。

3.英語の早期教育の注意点

英語の早期教育の注意点 英語の早期教育の注意点

英語の早期教育を子どもに受けさせる場合、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。まず子ども自身に、関心がまったくない状態のときは無理やり習わせないようにしましょう。本人にまったく意欲のない学習は効果がないどころか、英語に対するイメージを悪くしてしまうこともあります。子どもに限らず人は、自分に興味がないことを無理にさせられることを嫌がるものです。楽しめずに英語を習っても習得スピードは伸びず、むしろ遅くなることもあります。
また英語教育とはいえ、英語やグローバルなことだけに興味を持たせようとすることは避けましょう。母国のことを知らずして、外国のことは語れません。海外の人と交流をした際に、自分の国についてきちんと話せないと恥ずかしい思いをします。幼少期に日本人としてのアイデンティティをきちんと確立することも大切にし、英語学習と併せて日本の文化や習慣を身につける教育もきちんと行うようにしましょう。

4.幼児期の英語教育のポイント

幼児期に英語教育を行う際に、押さえておきたいポイントがあります。ここでは親が気を付けておきたい3つのポイントについて紹介します。

4-1.「コミュニケーション」に重点をおく

「コミュニケーション」に重点をおく 「コミュニケーション」に重点をおく

他言語を話す人とコミュニケーションを取れるようになりたいと考えることは、英語学習をするにあたりメリットのある目的です。多くの子どもにとって、外国人との交流は刺激のある体験となります。また言語学習は、継続的に学ぶことが大切です。刺激的な楽しみを目的に置いて、実践的な「聞く」「話す」といったコミュニケーション能力を重視し学ぶと、子どものモチベーションが長く続きしやすくなります。英語の資格を取得したりテストの成績を上げたりすることを目的にするのは、悪いことではありません。しかし本人が掲げた目的ではない場合、成績アップのための学習は楽しみが少なく、子どもの英語嫌いにつながる可能性もあるため注意しましょう。

4-2.親も興味をもって学ぶ

親も興味をもって学ぶ 親も興味をもって学ぶ

特に年齢の低い子どもは、一人で机に向かって学習することが苦手な傾向にあります。子どもの英語学習に対するやる気を持たせるためには、親も子どもの学習に参加することが重要です。親が子どもの学習に参加するといっても、子どもに英語を教えることが求められるわけではないため、英語が苦手な親でも心配は不要です。必要なのは、子どもと一緒に自分も英語を学習することだけです。たとえば英語の歌を親子で一緒に歌ったり、質問をかけたり感想を言い合いながら絵本を読んだりするのも方法でしょう。英語のスキルや発音が苦手でも親が、英語に興味を持って楽しそうに学んでいる様子を子どもが見れば、子どもも英語学習が楽しいものと感じやる気につながります。ポイントは「英語を楽しいもの」と子どもに感じさせることです。

4-3.子どもの様子を見ながら進める

子どもの様子を見ながら進める 子どもの様子を見ながら進める

子どもに英語の早期教育を始めている親のなかには、高い学習効果が期待できる時期に英語教育を受けるチャンスを最大限に生かしたいと、つい力が入ってしまう人も少なくありません。しかし子どもの英語学習では、英語に対する嫌悪感を覚えさせないことが最も重要です。子どもはその時々の気分によって、英語への興味が薄れてしまったり、やる気がなくなったような様子を見せたりすることもあります。しかし英語に対する嫌なイメージさえなければ、たいていの場合、英語離れは一時的なものです。子どもが英語への興味を示さなくなっても英語を勉強したがらなくなっても、決して強制的に学習させようとしてはいけません。無理に勉強させても本人にやる気がなければ、結局すぐにやらなくなってしまいます。子どもに過度なプレッシャーを与えずに、本人が再び興味を持つまで放っておくことが大切です。

5.楽しみながら英語でコミュニケーション!「KidsDuo」

楽しみながら英語でコミュニケーション!「KidsDuo」 楽しみながら英語でコミュニケーション!「KidsDuo」

遊びながら英語を学べる環境を子どもに与えたいなら、「KidsDuo」を利用するのも方法です。ここでは、KidsDuoがどのような場所であるのかについて詳しく解説します。

5-1.「KidsDuo」は民間学童!親が仕事で忙しくても安心

「KidsDuo」は民間学童!親が仕事で忙しくても安心 「KidsDuo」は民間学童!親が仕事で忙しくても安心

「KidsDuo」は民間の学童保育施設です。北は北海道、南は九州まで全国各地に点在しています。そもそも学童保育の施設は、保護者が仕事などで日中家を留守にする子どもなどが、放課後安心して過ごせるために設けられている場所です。KidsDuoでも親が仕事を持つ子どもを受け入れていて、月曜日から金曜日まで最大で夜20時半まで預けることができます。小学校からの送迎もあり、希望に応じて自宅周辺まで送ってもらうこともできるため、仕事が忙しい親でも安心です。親が送り迎えできなかったり、送迎サービスを受けなかったりする場合でも、子どもが教室に入退室したときに保護者宛てにメールを送るサービスがあります。
さらに一般的な学童保育では、施設のスタッフと一緒に遊んだり宿題をしたりして過ごしますが、KidsDuoではスタッフとの遊びの延長線上に英語教育がある点が特徴です。遊んでいるときでも日本語を使用せずに英語だけで過ごすため、一般的な学童保育を利用する子どもと比べて英語に触れる時間が自然と長くなります。1週間に2~5日、1日に最大6時間を英語漬けの環境で過ごせる学童保育です。加えてスタッフがネイティブと日本人バイリンガルなので、日常的に本格的な英語に触れられる点も魅力です。

5-2.英語は「勉強しない」!レクリエーションも充実

KidsDuoは英語が学べる学童保育ですが、厳しい英語の授業が行われるわけではありません。あくまでも英語を勉強する場所ではなく、英語漬けの環境のなかで楽しみながら自然と英語を身に付けることができるスクールです。複数用意された遊びながら学べるプログラムは、どれも子どもの知的好奇心を刺激するものばかりです。たとえばアート&クラフトや音楽、運動、ゲーム、読み聞かせ、パターンブロックなどのプログラムがあり、それぞれの子どもは自分が関心のあるものを自由に選べます。
KidsDuoには幼児コースと小学生コースがあり、どちらのコースもスクールに到着して、まず行うのが「ウォームアップ」です。未就園児は英語の歌やダンスを楽しみながら、小学生はカードを使ってゲーム感覚で単語を覚えるなどして、英語の環境に慣れるところからスタートします。英語学習の準備運動を終えたら、子どもが興味を持った遊びや工作などを通して、英語に触れ、読み書きや発音を覚える時間です。そして1日の最後には、クラスメイトの前でその日の出来事を英語を使って発表します。授業は年齢や学年で分けていません。そのためクラスにはさまざまな年齢の友達がいます。このようなさまざまなプログラムを行い、いろいろな友達や先生と時間を過ごすことで、子どもたちは英語力だけではなく創造力やコミュニケーション能力、社会性や自己表現力なども身に付けることが可能です。

英語教育は早い方が良い!でも楽しむ気持ちを第一に

英語教育は早い方が良い!でも楽しむ気持ちを第一に 英語教育は早い方が良い!でも楽しむ気持ちを第一に

子どもに英語力を身に付けさせたいなら、少しでも早くから英語に触れさせることが重要です。英語に触れ始める時期が早ければ、その分だけ英語を使える時間も長くなります。ただし無理やり、子どもに押し付ける英語教育は逆効果です。あくまでも子どもの意思を尊重することを一番に考え、楽しんで英語に触れられる機会を作ってあげましょう。