英語教育必修化!小学校一年生からできる英語習得の方法とは?

英語教育必修化!小学校一年生からできる英語習得の方法とは? 英語教育必修化!小学校一年生からできる英語習得の方法とは?

小学校から英語が必修化されることになり、その対策として何をすれば良いのかと漠然とした不安を抱えている方は少なくないでしょう。また学校の英語教育だけで本当に十分なのだろうかと、疑問を持っている方もいるかもしれません。本記事では小学校1年生からできる英語習得の方法について、家庭でできることやプロに任せるにはどのような選択肢があるのかなどを、具体例を挙げながら紹介します。

1.小学校の英語必修化!何が変わる?

小学校の英語必修化!何が変わる? 小学校の英語必修化!何が変わる?

これまでも「総合的な学習の時間」などで取り扱われてきた小学校での英語学習が、2020年からは小学校の中学年で必修化、高学年で教科化されました。ここでは必修化・教科化により、これまでと何が変わるのかみていきましょう。

1-1.必修化は3年生から

2020年の学習指導要領の改定に伴い、小学3年生から「外国語活動」が必修化されました。外国語活動とは、英語に親しむことを目的とした学習です。外国語活動はこれまで高学年の小学5〜6年生が対象となっていましたが、外国語能力の向上のため中学年の小学3、4年生へと対象学年が変わりました。この年代では、「聞くこと」と「話すこと」が大きな目標です。そのため、文法指導などは行われません。
実際のカリキュラムでは、日本語と外国語の音の違いを認識したり、身近なことを英語で表現したり、簡単な会話をしたりします。またカードやクイズでアルファベットの文字に親しんだり、英語絵本を副教材として取り入れたりすることもあるでしょう。ちなみに授業の時間数は、年間で35時間です。これは週に1回程度の授業数に相当し、道徳や特別活動の時間数に匹敵します。外国語活動は英語学習の体験や導入が狙いのため、国語や算数のような成績評価は行われません。

1-2.教科化は5年生から

教科化は5年生から 教科化は5年生から

小学5、6年生では英語が「外国語」という正式教科になります。これまで小学5、6年生では、「外国語活動」という体験的要素の強い学習が行われていましたが、2020年からは正式な教科として導入され成績評価も行われるようになりました。外国語活動との大きな違いは「聞くこと」「話すこと」に加え、「読むこと」「書くこと」が加わることです。アルファベットの習得はもちろん、単語を書き写したり読んだりすることで、読み書きに関する英語の基礎技能の習得を目指します。
しかし外国語活動に引き続き、外国語でも「聞くこと」「話すこと」を重要視していることに変わりはありません。「ゆっくりはっきり話されたとき」という条件はあるものの、相手の伝えたいことを聞き取ったり、自分の伝えたいことを簡単な英語で話したりといったコミュニケーションの基礎について学びます。授業の時間数は年間70時間で、外国語活動だったときの倍です。

2.どう準備すればいい?あまりお金をかけずに親ができることは?

どう準備すればいい?あまりお金をかけずに親ができることは? どう準備すればいい?あまりお金をかけずに親ができることは?

小学校の英語の必修化に向けて、何か準備をしなければと考える親は多いでしょう。しかしすぐにお金を掛けて、塾などに通わせるべきなのかも悩みものです。ではあまり費用を掛けずに親ができる対応には、どのようなものがあるでしょうか。

2-1.市販の教材を活用

まず小学生用の英語ドリルを活用した自宅学習です。英語ドリルは、各出版社からいろいろな種類のものが販売されています。価格も安く書店で手軽に購入することができるので、自宅学習として取り入れてみてもいいでしょう。ただしドリルの難易度が高すぎたり子どもに合わないスタイルだったりすると、すぐに飽きてしまいます。英語学習は継続して行うことが大切なので、ドリルを選ぶ際は学習する学年やレベルをしっかり確認して選びましょう。
その際には、2020年の学習指導要領変更に対応したドリルかどうかを確認することも大切です。またドリルの性質上、読み書きを練習することはできますが、小学校の英語教育で重視されている「聞くこと」「話すこと」の練習はできません。アルファベットの習得にはドリルが向いていますが、会話や発表などの練習には別の教材を取り入れる必要があるでしょう。

2-2.英語の動画や音楽を活用

英語の動画や音楽を活用 英語の動画や音楽を活用

英語学習には、大量の英語を浴びることが良いとされています。そこでアニメや子ども向け動画を子どもに見せるのもおすすめです。勉強感覚なしで楽しく英語を学ぶことができるうえに、絵本などとは違い読み聞かせの必要がありません。英語の発音に自信のない人は、子どもに正しい英語の発音を聞かせる方法として取り入れてみるといいでしょう。また子どもの英語の自宅学習に、あまり時間を割けない人にも良い方法です。
英語のアニメや動画はDVDなどで販売されているほか、有料または無料のインターネットの動画配信などを利用してもいいでしょう。日本のアニメの英語版を見せるのも、ひとつの手段です。特に何度も見ているアニメの英語版は、すでにストーリーが頭の中に入っているため何を話しているのか推測しやすくなります。家にお気に入りのアニメのDVDがある場合には、英語音声に切り替えられるものもあるのでチェックしてみてください。

2-3.英語が学べるアプリやゲームを活用

英語が学べるアプリやゲームを活用 英語が学べるアプリやゲームを活用

英語学習用のアプリやゲームを利用するのもいいでしょう。これらの教材はゲーム感覚で、しかも短時間で学べるように設計されているものが多く、小学生の英語学習にはぴったりです。スマホやタブレットが使えれば、移動時間や待ち時間などのすき間時間にも気軽に勉強できます。また読み書きのほかにもマイクを使って発音を確認したり、ネイティブの音声を再生したりできるので、英語学習の基礎を網羅することができるでしょう。
ただし漢字が多く使われている大人向けのアプリもあるので、選ぶ際には注意が必要です。多くのアプリは機能やレッスンの数に限りのある無料版もあり、購入する前に試してみましょう。インターネットなどを利用して、アプリの口コミなどをみて選ぶ方法もあります。ほかにも絵本などを英語で読み聞かせしてくれるアプリを活用して、自分の子どもにあったものを探してみましょう。

2-4.英語の本の読み聞かせ

英語の本の読み聞かせ 英語の本の読み聞かせ

日本語の幼児教育で絵本の読み聞かせが効果的であるのと同じように、英語での絵本の読み聞かせもとても効果的な学習方法です。絵本は文字や単語だけでなく絵や話の流れで理解するため、記憶に残りやすいという特徴があります。たくさんの文章に触れることは、どの言語を学習するうえでも重要なことです。さらに読み聞かせでは耳でたくさんの英語を聞くことができるので、リスニングにも効果があります。
英語の発音に自信がなければ、音声付きの電子書籍を利用してみるのもいいでしょう。高学年になったら、わからない単語を辞書で引く練習も並行して行うことができます。辞書を引くのは一種の習慣です。辞書を引かなくても、繰り返し出てくる単語なら話の内容からおおよその意味を推測することができるようになりますが、学習という意味では少しずつ辞書を引く習慣を身につけていってもいいでしょう。

3.そもそもなぜ小学校で英語を?これからの英語の必要性

そもそもなぜ小学校で英語を?これからの英語の必要性 そもそもなぜ小学校で英語を?これからの英語の必要性

小学校の英語教育が、全国的に取り入れられるようになったのは1992年です。その後交通技術や通信技術の発展により、グローバル化がますます進んでいます。そのため中学・高校ではさらに高度な英語の習得が求められ、英語学習を始める時期を低年齢化することが必要になりました。これらの流れのなかで政府は、英語教育のあり方の抜本的な見直しを図っています。
従来の英語教育では受験対策として読み書きに重点が置かれていたのに対し、これからは英語でのコミュニケーションにも力を入れていく方針です。そのためには英語での表現力、意見を論理立てて述べる技術の習得といった新たな目標を掲げて英語教育を推進していかなければなりません。これはグローバル化に伴った、世界的な教育の変化の流れともいえるでしょう。

4.学校教育のみで英語は身に付くのか?

学校教育のみで英語は身に付くのか? 学校教育のみで英語は身に付くのか?

小学校では、中学年で「聞くこと」「話すこと」を学び始め、高学年でさらに「読むこと」「書くこと」が加わります。これによりコミュニケーション能力の基礎を固め、中学・高校とさらに高度な英語力を身につけていくわけですが、学校の英語教育だけで本当にグローバル社会に適応できる英語能力が身につくのでしょうか。残念ながら、答えはNOです。本当の英語力を身につけるためには、小学校や中学・高校の英語教育だけでは不十分と言わざるを得ないでしょう。
今の日本の教育では、学校を卒業しただけで英語が話せるようになった人はほとんどいないのが現状です。それを改善し、本当の意味でグローバル社会に通用する英語力を身につけるには、学校での英語教育を低年齢化するだけでは足りません。足りないものを補い社会に出るまでにしっかりとした英語を身につけるには、それぞれの家庭で何らかの対策を講じる必要があるでしょう。

5.英語教育は早い方が良いの?一年生から始めるべき?

英語教育は早い方が良いの?一年生から始めるべき? 英語教育は早い方が良いの?一年生から始めるべき?

一般的に英語耳を養うには、9〜11歳頃までに英語学習を始める必要があると考えられています。日本語と英語では使う音の種類が違うため、この時期に英語に耳を慣らしておかないと英語の音を聞く能力が退化してしまうためです。実際には大人になってから英語を習得する人もいるわけですが、一度退化してしまった聞き取り能力は、人になって元に戻ることはありません。そしてこれは後々英語学習をするうえで、大きなハンディキャップとなります。
ですから、音やリズムに敏感なうちに英語学習を始めることはとても重要です。そのためには小学生になったら、英語学習を始めるのが理想的でしょう。文字からではなく音から英語に親しむことも、耳や発音を養うための手助けとなります。始めから高度な学習を始める必要はありませんが遊びの中に英語を取り入れるなど、何らかの形で英語を生活の一部として組み込むことができれば、その後の英語学習に大きく役立つでしょう。

6.英語学習に投資してプロに任せたい場合の方法

子どもの将来のために英語学習に重きを置き、プロの力を借りて本当の英語力を育てたいと考えている方もいるかもしれません。そんな場合には、どんな選択肢があるのでしょうか。ここでは、2つの方法を紹介します。

6-1.英会話教室

英会話教室 英会話教室

英会話教室は、対面式で英語を学ぶ良い方法のひとつです。先生と生徒が同じ空間にいるのでコミュニケーションが取りやすく、個人の進み具合に合わせやすいという特徴があります。先生や他の生徒と一緒にゲームなどのアクティビティーをしたり、遊び感覚でワークブックに色を塗ったり文字を書いたりできるのは、小さな子どもにとって親しみやすく、実店舗のある英語教室の強みといえるでしょう。
ただし、英語教室にもいろいろな種類があるので注意が必要です。純粋に英会話の基礎を教えるところもあれば、中学受験の英語に特化したクラスがある塾系の英会話教室もあります。講師もネイティブだったり、日本人だったりと、英会話教室によって環境はさまざまなので、教室選びは慎重に行いましょう。

6-2.通信教育

通信教育 通信教育

もうひとつの方法は、通信教育です。通信教育は、自宅で英語の授業を受けることができるので、子どもの送り迎えが難しい人などでも始めやすいでしょう。種類も豊富で、カリキュラムや学習期間、学習内容など、自分の子どもに合った通信教育に全国どこからでも参加できるのがメリットです。教育媒体はテキストや教材、専用タブレット、オンラインなど通信教育によって異なります。
学校教育で重点が置かれている英語でのコミュニケーションを習いたいのであれば、直接先生と話せるサービスが付いたものを選ぶといいでしょう。オンライン教室はもちろんですが、タブレットやテキストベースの通信教育でも電話などで先生と話せるサービスを提供している場合もあります。通信教育はそれぞれに特性があるので、複数の教材を見たり口コミを参考にしたりして選択することが重要です。

7.英語が学べる民間学童も!「KidsDuo」とは

英語が学べる民間学童も!「KidsDuo」とは 英語が学べる民間学童も!「KidsDuo」とは

英語が学べる民間学童のひとつに「KidsDuo」があります。ここでは、「KidsDuo」ではどうやって英語を習得するのか、また、そもそも民間学童とはどういう学童なのかについて紹介します。

7-1.民間学童って何?民間学童の良さ

学童には公立だけでなく民間のものもあります。民間学童は公的な補助が無い分、利用料は高めですが、行政の縛りがないので自由度が高いのが特徴です。民間学童ではそれを生かして、学習塾を併設したり習い事までの送迎を行ったりしています。また開設時間も公立学童よりも長く、夕食付きで22時まで預かってくれるところもあるので働く親は安心です。ほかにも民間学童によっては学習サポートや英語学習を行っているところもあるでしょう。
長期休みには大掛かりなキャンプや宿泊行事などを行っているところが多く、子どもにも人気があります。そして民間学童には公立学童のように、1つまたは2つの学校に対して1つの学童といった数の縛りもありません。ですから送迎などの条件さえクリアできれば、自分の子どもに合ったプログラムを提供している民間学童に預けることができます。

7-2.「KidsDuo」ではどうやって英語を習得するの?

KidsDuoは民間の学童保育です。学童にいる間はずっと英語でコミュニケーションを図りながら過ごすことで、英語力を磨きます。いわばインターナショナルスクールの学童版です。ですから、学童にいる間は英語学習をするわけではなく、音楽や工作、ゲームや外遊びなどのプログラムを通じて英語を自然に学んでいきます。英語を習得するには、いかに長い時間英語を話す環境で過ごすかが重要です。
KidsDuoは経験豊富なネイティブスピーカーの教師が、子どもの知的好奇心をくすぐるプログラムを英語で行うことで、英語環境を提供しているのが最大の特徴でしょう。またKidsDuoでは学年別指導を行っておらず、「無学年の集団」の一員として過ごします。その目的は社会性を育むことです。幼少期に日本語を学んだように、自然に英語を習得するKidsDuoでは、無料体験や見学会を随時受け付けしています。少しでも興味を持った方は、一度参加してみるといいでしょう。

小学生から英語力を伸ばして可能性を広げよう!

小学生から英語力を伸ばして可能性を広げよう! 小学生から英語力を伸ばして可能性を広げよう!

2020年に小学校で英語が必修化、教科化されました。しかしグローバル社会に対応できる英語力を身につけるには、学校教育だけでは十分とはいえません。そのため家庭や英会話教室、通信教育などで英語学習の強化を図る必要があるでしょう。英語学習を目的とした民間学童も、そんな選択肢の中のひとつです。将来の可能性をより広げるためにも小学校から英語に親しみ、英語力を伸ばしてみてはいかがでしょうか。