Kids Duoは覚えた英語を躊躇なく使える「場」

通塾歴4年

小学3年生

Yutaくんのお母さま

英語を使うのは恥ずかしいことではないと知ってほしい

小4のYutaくんは、今年から弟さんと一緒にKids Duoに通っています。メーカー勤務のお父様は日本の製品を海外向けにローカライズして販売するという業務で、広くアジアの国々と関わっています。お母様も専門職の技能を生かし、下のお子様が小学校に上がるのを機に、在宅でお仕事を再開されています。復職の際、長時間預かってくれる民間の学童を利用しないと仕事と家庭の切り盛りは難しいと考えたのが、お子様たちのKidsDuoご入会のきっかけでした。ご夫婦は以前、日本語一切禁止の英会話教室に通い、ダンスや歌も取り入れたプログラムで日本人特有の「英語をしゃべる際の羞恥心」を捨てるマインドセットを体験しました。お父様はその経験を経て、今では躊躇なく英語で外国人と話しているそうで、子どもたちにも覚えた英語を躊躇なく使ってほしい、そのためにはKids Duoのような英語学童が最適なのではないかと思われたとのこと。兄弟で同じところに通い、同じ体験ができるのも魅力でした。お子様たちを体験に行かせた時、スクールディレクターがとても明るく、ティーチャーから気さくに英語で声をかけられたことも入会の後押しになったそうです。

子どもの個性や好きなこと、興味のあることを伸ばしたい

Yutaくんと弟さんは、それぞれどんな個性を持ったお子さんですか。

お母様 :Yutaはじっくり考えて行動するタイプ。やさしくて気遣いができる性格です。一つのことを太く長くではなく、複数のことを同時進行で細く長く続けるのが好きですね。

お父様 :下の子は好き嫌いがハッキリしていて、ひょうきんなところがあります。楽しい空気が好きで、お兄ちゃんが叱られていると、その空気を変えようとしてきます。

お子様の、どんなところを伸ばしてあげたいですか。

お母様 :Yutaについてですが、最近、「言語」に興味があるということがわかってきました。国語が好きで、漢字や読書も大好き。国語の公文にも通っています。そういう嗜好から、英語も「言語」として関心を持つようになり、英語の本も読んでいます。例えば1つの英単語に複数の意味があることを、おもしろいと感じるようですね。そういうところを伸ばしてあげたいと思います。

家でも兄弟で、英語を使って遊ぶようになった

Kids Duoに入って、お子様たちは成長されましたか。

お父様 :Yutaは英語への興味が強くなったと思います。英語の概念をイラスト化した本を読みふけったり、ティーチャーに「こういう言い回しで合っているか」と質問したり。覚えたフレーズを家で言ってみるというような、アウトプットも増えました。そうなることを望んでいたので、私たちとして大歓迎です。

お母様 :下の子はKids Duoで過ごす時間のすべてが楽しいようで、家でもYutaとよく「ティーチャーごっこ」をやっています。英語のストレートな表現が下の子の性格に合っていたようで、英語が上達するに従って、日本語の語彙力も急速に上がったのはうれしい驚きでした。Kids Duoに行っている時はもちろん、家でも二人が英語で遊んでくれているので、在宅勤務に静かに取り組めるのがありがたいですね(笑)

将来は、お子様たちに、どんな大人になってほしいですか。

お父様 :日本でなくても働けるような人になってほしいと思っています。Kids Duoは「これから英語を話すぞ!」と身構えなくても、自然に普段着の英語が聞こえてくる環境なので、こういうところに身を置いているうちに、私たちの世代にはあまり無いような、コスモポリタン的なマインドを持ってくれるのではないかと期待しています。

お母様 :世界にはいろいろな価値観があるということを理解して、自分と違う価値観を尊重できようになってほしいと思います。それから、仕事でも趣味でも、好きなことを複数持ってほしいですね。

ご両親ともKids Duoに対して厚い信頼を頂いており、非常に高い満足度を頂けていました。ティーチャーのお子様に対する接し方、目標を設定した多様なプログラム、バス送迎のほか、英語上級者向けのアドバンスドコースがあることもKids Duoを選んだ理由だと話して頂きました。Kids Duoは英語上級者向けのコースもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

定員に達する前にまずは早めにご見学を!

ご相談は最寄りの教室でも
オンラインでもOK