「英語」という同じ目的を持った人たちが集まる場所

通塾歴2年

小学2年生

Ryotaくんのお母さま

将来、フットボール選手への扉を開くために

小2のRyotaくんは鉄道会社にお勤めのお父様とサービス業の研修トレーナーをしているお母様の3人家族です。ご家族共通の趣味は、アメリカンフットボールの観戦。ほぼ毎日、NFLの動画を見ているそうです。Ryotaくんは週1回、企業チームの子ども向けのアメフト教室に通っていて、お父様がお休みのときは早朝からアメフトキャッチボールを楽しんでいます。アメリカ・デンバーに留学経験があるお父様は、将来、息子がアメフト選手を望んだり、アメフトの名門大学に行って指導者を目指したりしたら、いずれにしても英語が必須になるだろうと、3歳からRyotaくんに英語を学ばせてきました。小1からはしばらく夜7時まで預かってくれる民間の学童と引き続き英語教室に通っていましたが、せっかくならもっと長く英語に触れさせたいと、その2つに代えて、近所にできたばかりのKids Duoに通うという選択をされました。

民間学童+週1英語教室から週5の
Kids Duoにしてよかった

RyotaくんはKids Duoに入会する前から
英語を学んでいたそうですね。

お母様 :3歳の頃から、週1でネイティブによるマンツーマンの英会話教室に通わせていました。Kids Duoに入会する直前まで続けていて、Ryotaも、そこで英語への抵抗感が無くなりましたし、幼いながらも同じ英語、同じ単語でもいろいろな発音があることや、英語を話す人たちには、いろいろな人種がいることも理解していました。ただ、別料金の送迎代を含む民間学童と英語教室両方の費用より、週5で送迎付きのKids Duoに通ったほうが安くて、英語に触れられる時間がはるかに長いことを考えると、Kids Duoにより大きな魅力を感じました。

体験時のKids Duoの印象はどうでしたか。

お母様 :とにかくティーチャーやスタッフが元気で明るいなと思いました。普段はシャイなRyotaが、初対面のティーチャーに手を上げて指名され、発言したのには驚きましたね。

Kids Duoのおすすめのポイントは何だと思いますか。

お母様 :英語力アップという同じ目的を持った親子が集まっているので、環境的にとてもいいと思います。それに、ティーチャーからバスの送迎スタッフまで、細かい気遣いをしてくれます。子どもにこんなに丁寧に接してくれるところは他にないと思っています。

ティーチャーの後押しで、小2で英検3級を
クリア

Ryotaくんの英語の上達具合はいかがですか。

お母様 :小1で入会したときには、自分の気持ちを英語で伝えられるくらいにはなってほしいなと思っていたのですが、入会後、面談をするごとに、英語で伝えることもできるし、質問することもできる、英語でケンカすることもあると言われて、しっかり成長しているんだなと思いました。1年半経って、最近では、寝言が英語になってきたんですよ(笑)。 主人は、英語を書く時間、話す時間、英語をツールとして使う時間など、プログラムにメリハリがあるのがいいと言っています。

小2で英検3級に合格したそうですね。

お母様 :小1のときに英検5級からスタートかなと思っていたところ、ティーチャーに4級も大丈夫と言われて4級を受けたら合格しました。小2になって、最初の英検で3級を受けたのもティーチャーの後押しがあったからです。面接が不安だと言えば、通常の滞在時間の中でさりげなく会話を多くしてフォローしてくれるので、安心してチャレンジできました。直近では、スペリング・ビー(英単語のスペリング力を競う大会)の代表にも選ばれ、自信がついてきたようです。

Kids Duoより:Ryotaくんのお母様は「学童だと物足りない」「学校の英語だけだとちょっと…」というご友人に、Kids Duoを積極的にすすめてくださっているそうです。同じようなお悩みをお持ちの方は、英語学童のKids Duoという選択を、ご検討されてはいかがでしょうか。

定員に達する前にまずは早めにご見学を!

ご相談は最寄りの教室でも
オンラインでもOK